ブックメーカーインフォ

ブックメーカーの始め方について詳しく解説!

ブックメーカー・テニスで圧倒的に勝率を高める4つの方法

      2016/03/02

今回は日々ブックメーカーのテニスで賭けを行なっているけれど、なかなか勝率を高めることができずに悩んでいる方に、簡単に勝率を高めることができる4つの方法をご紹介します。

pixta_13151183_M

理論上ですが、1.10倍のオッズを狙い続けた場合、勝率90%以上だと収支はプラスになります。

例)
10,000ドルの予算を用意し、1.10倍のオッズに100ドルずつ、計100回賭けた場合、
勝率90%の場合、90回winで9900ドルとなり、最初に用意した10,000ドルを100ドル下回ってしまいます。

しかし勝率91%の場合、91回winで10010ドル=10ドルの利益となり、
92%だと10120ドル=120ドルの利益となります。

スポーツブックでの収入の計算方法は

掛け金×オッズ×勝率=収入

になり、勝率を上げることが収入を多くするための近道です。
勝率が1%でも高くなれば、掛け金を10倍にすれば収入は一気に跳ね上がります。
そこを理解した上で、勝率を高める具体的な方法をご紹介します。

テニスに精通する

ルールはもちろんのこと、誰がどの試合に出る、どの選手が好調だという知識の積み重ねが非常に大事です。
(これはテニスに限らず、ブックメーカーでの賭け、すべてのスポーツ攻略における共通項)

試合を日常からよく見る

この理由は、選手の状態をよりリアルに感じられるためです。
ニュースでは分からない調子の良し悪しが伝わってきます。

自宅でスカパーなどの有料放送に加入しているならテニスの放送をチェックし、
bet365で行なわれているストリーミング配信はおすすめです。
bet365の生中継は、国内ではテレビ放送されないような試合も視聴できるため、
ランキング下位の選手をチェックするなど、分析ツールにはもってこいです。

特定の選手を追いかける

テニスの全選手の状態を把握して全ての試合に賭けるのは大変ですから、まずは選手を絞り、1シーズンまるまるチェックします。
そうすることで情報収集が簡単になり、大会を重ねるごとにその選手に関する知識が増えてきます。
目安は10人程度をチェックして、どんどん賭けていくのが理想です。

最初は好きな選手1人から始めてみましょう。

Over/UnderのOver6.5で賭け続ける

最後にかなり具体的な手法のご紹介です。
Over6.5とは、両選手のスコアが6.5以上になった場合、配当がもらえるンプルかつ高確率で当たる賭け方です。

スコアが6.5以上というのは、
通常テニスの試合は、1セットを勝利するには6ゲーム勝たないといけません。
今回のOver6.5というのは例えば6−1等、どちらかの選手が1ゲームでも勝利すれば成立する賭け方です。

逆にあなたの負けの可能性は6−0という圧倒的試合結果になった場合のみです。
ただし高確率で当たる賭け方でもたまに6−0となる試合がありますので、そうならないためのポイントをあげていきます。

上位ランキング同士の試合

簡単な理由ですが、強いもの同士、レベルが似たもの同士の試合であれば、かなり高確立でお互いがゲームを取り合います。
基準を設けるとすると、世界ランク10位以内同士の試合を狙うといいでしょう。
世界ランク10位までの選手は、素人でも分かるくらいハイレベルな戦いです。
ブレイク(相手のサービスゲームでゲームを取ること)があったとしても一回程で、
ほとんどが6−4のスコアで終わったりしています。6−0で終わるような試合は滅多にありません。

男子の試合

テニスの特徴ですが、サーブ側のゲーム(サービスゲーム)が圧倒的に有利です。
ダブルフォルトなどがない場合、サービスゲームを取ることは当たり前のような考えなのがテニスです。
ですので、お互いがゲームを取りやすく、6-0になることが少ないため、Over6.5で勝ちやすくなります。

両者サーブが得意な選手

上記の内容と被りますが、お互いがサーブが得意なプレイヤーですと、極端な話全てのポイントがサービスエースなんていうことも起こりえます。
そうなるとブレイクもしにくく、両者ゲームの取り合いになるため、Over6.5にはもってこいのゲームになります。

第1セット

第一セットの序盤はお互い様子を見る事があります。
さぐりさぐりのゲームになるので、お互いにゲームを取得することが多いです。
ですので、なるべく力が均衡しているプレイヤーの1セット目がおすすめです!

またこちらのサイトではかなり熱心に勝率をあげるための方法を研究し公開していますので、参考にするといいかもしれません。管理人もかなり勉強させていただきました。
テニスの片賭け投資法を考察する

基本的な賭け方の説明

最後にブックメーカーのテニスで決められている賭け方をご説明して終わりたいと思います。
上記でご紹介した攻略法とは別にご自身に合った賭け方を探してみるのも楽しみのひとつですので、ご参考になさってください。

2way(勝敗予想)

プレイヤー1、プレイヤー2どちらが勝つか選ぶ。

Player to winまたはTournament winnerまたはTo Win Outright

大会優勝者が誰か予想し選ぶ。
表記はブックメーカーごとに違っていますが、
全プレイヤーがズラッと表示されていてオッズが付いていれば概ねこの賭け方です。

First Set Winner(1セット予想)

1セット目をどちらが取るか選ぶ。

Point Betting(ポイントべッティング)

そのゲーム中、次のポイントはどちらが取るのか。
一瞬で結果が出る賭け方。

Next Game(ネクストゲーム)

次のゲームをどちらが取るのか選ぶ。

Next Game to Deuce(ネクストゲーム デュース)

次のゲームがデュースになるかどうか予想する。

Next Game Score(ネクストゲーム スコア)

選択肢の中から、次のゲームのスコアを正確に予想する。

Games In Current Set(ゲームス イン カレント セット)

そのセットのゲーム数をOver/Underで予想して賭ける。

Current Set Score(カレント セット スコア)

選択肢の中から、そのセットのゲーム数を正確に予想して賭ける。

Total Games In Match(トータル ゲームス イン マッチ)

その試合中、合計何ゲームするのか、Over/Underで予想して賭ける。

Handicap Betting(ハンディキャップ べッティング)

プレイヤー1、プレイヤー2それぞれにハンデをつけて勝敗を予想する。

Games Won(ゲームス ウォン)

プレイヤー1、プレイヤー2どちらが勝つのか、
また勝った時合計何ゲーム取っているのか、Over/Underで予想する。

 - 未分類