ブックメーカーインフォ

ブックメーカーの始め方について詳しく解説!

ブックメーカー選びに困ったら、これを読めばすっきり解決!

      2016/03/01

ブックメーカー始めたいんだけど、どこのサイトが良いのか分からない!泣

 安心してください、紹介しますよ!!まず、ブックメーカーを始める際に、ネックになってくるのが本当に安全なの?とか英語分からないんだけど!ってところだと思います。勝ったのに払い戻しがされない!とか日本語非対応のブックメーカーでやり方が分からない!といった事が起こらないように、実際に検証してみた結果、オススメできるブックメーカーを紹介していきます。

 

大手ブックメーカー 

 せっかく遊ぶのに、安心なのかといったような不安を持ちながらでは楽しめませんよね。歴史もあり登録会員数も多い大手ブックメーカーを紹介します!
 
 

ウィリアムヒル

 どこで始めようかなーと迷ったらここにしましょう!!!ウィリアムヒルは1934年にイギリスで誕生し、ロンドン証券取引所に上場している世界有数のブックメーカーです。イギリスでは、実店舗も運営していて、店舗数は2000件以上の最大手です。信頼と実績を兼ね備えた超優良ブックメーカーです!!
 使いやすさについても、言う事ありません。入出金の対応が早く、多言語対応しており、日本語でのメールサポートもあり!!とユーザーが心配になる部分の対応がしっかりしています。賭けの種類については、サッカー、テニス、バスケといったメジャースポーツから政治まで幅広く用意されています。また、プロ野球やJリーグ、日本代表戦といった日本絡みの試合も賭けの対象になっているので、日本関連の試合に賭けたい方にお勧めです!

 

bet365

 bet365は1974年に創業した、世界200ヵ国に900万人以上の顧客を抱える業界最大手ブックメーカーの1つです。賭けの対象になるスポーツ、オッズの種類はとにかく豊富です。(もちろんプロ野球、Jリーグも対象です。)色々な掛け方で遊べるため、スポーツベッティングに挑戦するには最適なブックメーカーです。
 また、bet365の特筆すべきポイントは、会員登録して入金すると、サッカー、テニス、バスケなど各種スポーツのストリーミング動画配信(生中継)が見放題になる点です!!!ネットでスポーツを観るためのサイトとしても世界的に利用者が増えており、bet365は単なる賭けサイト以上の価値があります。ただし、日本語非対応なのが難点です、、。

 

日本語対応しているブックメーカー

 上に挙げたウィリアムヒルは、日本語対応しています。なので、ここではウィリアムヒル以外の日本語対応していて、かつ優良なブックメーカーを紹介していきます。

 

SBOBET

 SBOBETは、2004年に運営を開始した比較的新しいブックメーカーで、サッカー日本代表の吉田麻也選手が在籍しているサウザンプトンとパートナー契約を結んでいます。 
 2009年・2010年にオンラインギャンブル界のアカデミー賞と言われる「e-GR 年間最優秀アジアンオペレーター賞」を受賞しアジア地域最高のブックメーカーと言われています。
 (同賞は、2011年より枠が無くなっております)
 また、他の日本語対応のブックメーカーでは観ることのできない、ライブ視聴が可能となっている貴重なブックメーカーでもあります。ここで注意してもらいたいのが「ライブ視聴の提供は、ベットしてくれるお客様に対して」 である事です。その為、SBOBETのライブ視聴は、「登録者の方のみへの提供」であり、登録後、30日以内に入金の無い場合、アカウントは自動的に削除されます。

 

ピナクルスポーツ

 ピナクルスポーツは、1998年に運営を開始した稼ぎたい人には必須のブックメーカーです。※アービトラージを唯一歓迎しているブックメーカーでもあります。1番の特徴であり最大の魅力は、なんといってもオッズの高さです。少しでも高オッズを掴みたい人は、是非登録しましょう。欠点としては、オッズ数が少ないのと、更新スピードが遅いといったところでしょうか。 
 ※このほかにもM88や10BETといった日本語対応しているブックメーカーもあります。

 

複数のブックメーカーを使い遊ぶのがオススメ

  1つのブックメーカーで遊ぶのも良いと思いますが、2つ以上のブックメーカーを使いこなせれば、より良いオッズを掴むことができ、勝率もあがります。例えば、オッズが高いピナクルで賭けてLIVE中継があるSBOBETで試合を観ながら、賭けの種類が豊富なウィリアムヒルで他社にはない良さそうなオッズを探すといった具合です。このように複数のブックメーカーで遊ぶことは、勝つチャンスを広げますので最低2つはアカウントを持つことをお勧めします。

 - 未分類